• フランチャイズガイドとは?
  • フランチャイズQ&A
  • 加盟の際の基礎知識
  • フランチャイズ用語集
  • フランチャイズ関係法令解説
  • フランチャイズ相談窓口
  • 情報開示書面
  • 関連リンク
  • JFAのご紹介
  • 掲載をご希望の方
  • 利用規約

加盟の際の基礎知識

13.フランチャイザー訪問

フランチャイザー訪問の意義と目的

フランチャイザー訪問は加盟するフランチャイザーを決定するための、情報収集の一環として行うものである。事前収集した資料のみでは知り得ないフランチャイザー企業の実態や社風を、肌で体感できる貴重な手段である。複数のフランチャイザーを訪問し、比較することで、それぞれの特徴がつかめる。


フランチャイザー訪問のポイント

フランチャイザー訪問時のポイントとしては、次のような事項があげられる。

①事前調査をきちんと行う

②企業の雰囲気を感じる

アポイント時の電話の応対から意識して企業を見ることが重要である。本部訪問の際には、受付の対応、社内の清掃・整頓状況等をみる。社内に活気はあるかという視点で雰囲気をみることも重要である。

③フランチャイジー開発担当者の対応

質問には誠意を持って応じてくれたか。納得のいく話ができたか、対応者は信頼できそうな人であるか等を判断する。
なお、この時点で加盟契約を勧められても、絶対に署名・捺印してはいけない。口頭であっても法律上は契約が成立するので、安易な発言はしないことである。逆に、担当者の口頭での約束は、後日、実行されることは少ないと考え、信用しないことが重要である。

④事後整理

後日のトラブルを避けたり、他フランチャイザーと比較して最終決断をするための資料として、訪問の内容を記録しておくことが肝要である。

フランチャイザー訪問の主な質問事項

  • ①フランチャイジーの収支状況 → 実際の売上高・利益
  • ②フランチャイジーの支援体制 → 特に不振店対策の内容
  • ③フランチャイジーに求める資質
  • ④複数店展開オーナーの有無
  • ⑤フランチャイザーの財務の健全性 → 成長期か安定期か
  • ⑥フランチャイザーの今後のフランチャイズチェーン展開方針
  • ⑦フランチャイジーリスト

 

このページの先頭へ

本サイトのチェーン情報は、原則として各企業が当該企業の責任において提供した情報をそのまま公表したものであり、(一社)日本フランチャイズチェーン協会は、これを保証するものではありません。また、(一社)日本フランチャイズチェーン協会は、本サイトの利用によって生じた損害に対する責任を負いません。詳しくは利用規約をご覧下さい。本サイトの内容を無断で転載したり、無断で複製することを禁止します。転載・複製等を希望される方は、(一社)日本フランチャイズチェーン協会に連絡し許可を得て下さい。

本サイトは経済産業省に情報提供を行っております。