• フランチャイズガイドとは?
  • フランチャイズQ&A
  • 加盟の際の基礎知識
  • フランチャイズ用語集
  • フランチャイズ関係法令解説
  • フランチャイズ相談窓口
  • 情報開示書面
  • 関連リンク
  • JFAのご紹介
  • 掲載をご希望の方
  • 利用規約

加盟の際の基礎知識

16.フランチャイザーのトップまたは部門責任者との面談

トップ(経営者)または部門責任者との面談の目的

フランチャイザーのトップまたは部門責任者との面談は、そのチェーンに加盟するか否かの最終決断を下す際、必ず行いたいものである。それは、フランチャイズに限らず、企業が成功するか否かは、経営者の考えや力量に大きく左右されるからである。なお、フランチャイザートップとの面談が理想的であるが、規模の大きな企業の場合には、部門責任者との面談になる場合が多い。
一方このことは、フランチャイザーにとっても同じである。即ち、自分たちの展開するフランチャイズチェーンの将来は、フランチャイジーオーナーの資質に大きく依存する。能力がなかったり、自社の社風にそぐわなかったりするフランチャイジーオーナーの存在は、順調なフランチャイズチェーン展開の妨げになってしまう。したがって、一般に優良なフランチャイザーはフランチャイジー選考に慎重で、加盟契約締結の前のトップまたは部門責任者の面談は必須項目となっている。トップが責任を持って加盟希望者の資質を見極めようとするからである。


トップ面談のポイント

必ず「経営理念」の再確認をしていただきたい。フランチャイズチェーンは理念共有体である。この理念に心から賛同できるかどうかが重要なポイントである。
さらに事業パートナー関係を築ける人物か、人間的にも信頼できる良い人物かを見極めることも重要である。部門責任者の場合もこれに準じる。
また、前述したが、フランチャイジー開発担当者の説明とフランチャイザートップや部門責任者の発言に食い違いがないかどうかの確認も重要である

トップ面談での主な質問事項

  • ①経営理念の再確認
  • ②フランチャイズチェーン展開の方針
  • ③将来の事業展望
  • ④理想的なフランチャイジー像

 

このページの先頭へ

本サイトのチェーン情報は、原則として各企業が当該企業の責任において提供した情報をそのまま公表したものであり、(一社)日本フランチャイズチェーン協会は、これを保証するものではありません。また、(一社)日本フランチャイズチェーン協会は、本サイトの利用によって生じた損害に対する責任を負いません。詳しくは利用規約をご覧下さい。本サイトの内容を無断で転載したり、無断で複製することを禁止します。転載・複製等を希望される方は、(一社)日本フランチャイズチェーン協会に連絡し許可を得て下さい。

本サイトは経済産業省に情報提供を行っております。