• フランチャイズガイドとは?
  • フランチャイズQ&A
  • 加盟の際の基礎知識
  • フランチャイズ用語集
  • フランチャイズ関係法令解説
  • フランチャイズ相談窓口
  • 情報開示書面
  • 関連リンク
  • JFAのご紹介
  • 掲載をご希望の方
  • 利用規約

加盟の際の基礎知識

3.フランチャイズ・システムの特徴(メリット・デメリット)

フランチャイズ・システムは、フランチャイザー・フランチャイジー双方にメリットもあればデメリットもある。ただし、うまく活用すれば、メリットのほうが大きいと言われている。しかし、メリットが大きい分、独特のデメリットもある。フランチャイズ・システムを活用してビジネスを行うのであれば、この点を十分に認識する必要がある。
主なフランチャイジーのメリット・デメリットは次のようなものがある。

図表 フランチャイジーのメリット・デメリット
フランチャイジーのメリット フランチャイジーのデメリット
・ 独自に開業する場合に比べて危険度が低い
・ 事業の経験が無くても、経営が可能
・ フランチャイジーは自店の販売活動に専念できる
・ 価格メリットによる競争力の発揮が可能
・ チェーンの知名度・イメージを活用できる
・ フランチャイザー提供の効果的な販売促進策が
 実施できる
・ 個人経営と比較して比較的小資本で開業できる
・ 安定した原材料・資材の供給を受けることができる
・ 環境変化に適応した事業経営ができる
・ 安定した商品・サ-ビスを販売することができる
・ フランチャイザーの良し悪しでフランチャイジーの
 経営が左右される
・ 加盟金やロイヤルティが必要
・ 本部への依頼心が強くなり、経営努力や販売努力を
 怠る場合がある
・ 標準化されたシステムであり、創意工夫の余地が
 少なく店舗の独自性を出しにくい。つまり、個々の
 フランチャイジーの意見が通りにくいシステムである
・ システムが店舗立地や経営者の能力に合わない
 場合がある
・ チェ-ン内で不良店が出ると、その影響を受け、
 他の店もイメ-ジダウンになる
・ 契約条件は基本的に一律であり、加盟希望者の希望
 条件が受け入れられる余地が少ない
・ 契約解除後はそれまでの実績を自分自身の事業に
 活かしきれない
・ フランチャイザーが弱体化するとその影響を受け
 十分な指導・援助が受けられなくなりフランチャイジーの
 経営も弱体化する
一方、フランチャイザーには次のようなメリット・デメリットがある。

図表 フランチャイザーのメリット・デメリット
フランチャイザーのメリット フランチャイザーのデメリット
・ 資本力の小さな企業でも、他人の経営資源活用に
 より、多額の資金や人材を必要とせず、急速な
 多店舗展開や広い地域に展開可能が可能
・ 店舗レベルでの高い販売意欲の維持が可能
・ フランチャイジーが保有する地域ネットワークの
 活用が可能
・ 店名、店舗デザイン、商品構成、販売方法の統一に
 より、消費者に対する販促効果や高い信頼度が期待
 できる
・ 加盟金やロイヤルティを徴収することにより安定した
 経営ができる
・ フランチャイジーに対して指示・命令権がない
 (あくまでも、アドバイスや要望)
・ 競争力のあるノウハウやシステムの維持や継続的な
 ノウハウ開発が必要であり、そのための資金や人材が
 必要になる
・ フランチャイザーの営業政策が地域特性に対応でき
 ない場合がある
・ 一部フランチャイジーの本部依存体質や自助努力欠如
 の出現により、全体の活力不足、イメージダウンが
 生ずる
・ 不振フランチャイジーが発生した場合、その対応のため
 の経費と労力が必要になる
・ フランチャイジー指導のための人員・経費を要する
このページの先頭へ

本サイトのチェーン情報は、原則として各企業が当該企業の責任において提供した情報をそのまま公表したものであり、(一社)日本フランチャイズチェーン協会は、これを保証するものではありません。また、(一社)日本フランチャイズチェーン協会は、本サイトの利用によって生じた損害に対する責任を負いません。詳しくは利用規約をご覧下さい。本サイトの内容を無断で転載したり、無断で複製することを禁止します。転載・複製等を希望される方は、(一社)日本フランチャイズチェーン協会に連絡し許可を得て下さい。

本サイトは経済産業省に情報提供を行っております。